神道の葬儀スタイル

神道での一般的な葬儀スタイルについて紹介いたします。別名神葬祭とも呼ばれており、故人の御霊を家にとどめて、故人の魂を守護神として、今後の家族をお守りするための儀式です。儀式は、神社で行うことはなく、自宅若しくは斎場で行います。

神道神葬祭における、一般的な流れを紹介いたします。納棺の儀では、遺体を柩に納めて、ふたを閉めます。そして、柩を白い布で覆い、全員で拝礼をします。通夜祭は仏式で行われるお通夜と同等で、祭詞を奏上します。そして、全員で玉串拝礼を行います。葬場祭ですが、弔辞の奉呈、祭詞を奏上をし、玉串を拝礼します。弔電の朗読を行ったのち、最後のお別れとなります。その後、火葬になりますが、火葬の前にも祭詞を奏上を行い、玉串を拝礼します。

神道葬の場合、死を穢れと意味しており、肉親の死により、喪主をはじめ参列者様の生命力が停滞している状態ととらえられます。そのため、神道の聖域である神社での葬儀はしません。そのため、自宅や斎場で行っています。仏教式での戒名ですが、神道では謚号を故人におくります。焼香や線香は用いられることはありませんが、玉串奉奠を神様に捧げます。榊の枝に紙垂して、つけた玉串を神様に奉上し、二拝二拍手一拝による作法にて、お参りをする流れとなります。仏壇にあたるものを祖霊舎と名付けられており、神棚の下に祀ります。

神道の葬儀形態では、今後も故人の魂を家の守護神として奉っていくことを根本としています。玉串による拝礼も特徴の一つです。