無宗教の葬儀スタイル

無宗教のご家庭における、葬儀スタイルについて紹介いたします。宗教的な要素を一切なくして、自由なスタイルで執り行うことが出来る葬儀形態です。故人が亡くなる前に希望していた場合に、特に多く用いられます。

世間一般的にはお別れ会の感覚にて行われており、様々なアイデアにより、故人らしさを演出することに繋げていきます。そのため、宗派・葬儀形態についてこだわりを持たれている参列者・僧侶には、戸惑いを与えてしまう事も考えられます。

その上で、無宗教の場合の葬儀スタイルをいくつか事例として挙げていきます。音楽が好きな故人の場合は、音楽葬を行います。葬儀の間終始、故人様が好きだった曲、タイミングを見はからっれ思い出の曲を流していきます。キャンドル葬では、祭壇や会場一帯をキャンドルで飾り、幻想的な雰囲気をつくりあげ、その中で、参列者全員で故人をお見送りします。ホテル葬では、立食パーティー形式で参列者が語り合うスタイルです。主に、社葬・偲ぶ会の際に用いられる形態です。レストラン葬では、レストランを会場とし、食事をしながら故人を偲ぶスタイルです。

無宗教での葬儀の場合は、偲ぶ会・お別れ会のイメージが強く、戒名・位牌・読経などはありません。香典なども、パーティの参加費ととらえてよいでしょう。服装も自由でよいでしょうが、参列者の目的は、故人をお見送りすることだというのは覚えておきましょう。自由な形態である上に、故人の意向が強く反映される葬儀が、無宗教スタイルの特徴です。