キリスト教の葬儀スタイル

キリスト教での、葬儀スタイルについて紹介いたします。キリスト教における生死のとらえ方は、イエス・キリストの復活を根本としています。人間の死は、命の終わりを意味するのではなく、神のもとに召されるための儀式の一つととらえられています。

キリスト教における、葬儀の一般的な流れを紹介いたします。納棺式においては、聖職者が祈り捧げまして、遺族が故人の遺体を柩に納めます。前夜式は、仏式でのお通夜にあたり、聖歌を全員で歌います。聖書を牧師と一緒に朗読し、献花・説話の流れとなります。葬儀式においても、聖歌を全員で歌い、聖書の朗読をします。その後、お祈りをし、遺族による挨拶を行い、献花をします。火葬式においては、炉前に故人の遺体を安置し、聖歌を全員で歌い、聖書朗読を行います。そして、最後のお別れとなります。

式の流れですが、カトリック・プロテスタント・正教会など、キリスト教には複数の宗派があります。それぞれに細部に渡っての形態が異なる場合があります。故人への弔辞を牧師が述べる際ですが、キリスト教の場合は家族への慰めと励ましを根本として、語り掛ける流れです。お焼香はありませんが、献花を行います。讃美歌・聖書の朗読はありますが、他宗派の方が参列した場合には、読まなかったとしても問題はありません。

葬儀の中には聖書の朗読・讃美歌の合唱などが何度もありますが、キリスト教の教えでは、家族へのねぎらいが大きな目的となっています。日本で昔から伝わる故人を偲ぶという考えとは違っているのが特徴です。