各宗教団体における葬儀スタイル

宗教にあたっては、仏教をはじめとした各種宗派が存在していますが、宗教に沿った葬儀もいくつかあります。

宗教団体の一つである創価学会では、葬儀は友人葬の形態をとっています。参列者は、遺族・親族はもちろん、創価学会信者も参加をしてとり行われる形態です。特徴としましては、導師は友人の代表若しくは、創価学会幹部にあたる方が行います。その方が中心となり、読経を学会の友人や遺族が唱えます。僧侶は呼びませんから、お布施は必要ありません。参列者は、香典を持参されない方が多いです。故人には戒名は付けず、生前のお名前にて弔う形となります。祭壇は、しきみ祭壇・白い生花祭壇があります。

エホバの証人の葬儀では、お通夜や告別式のような儀式はありません。霊魂不滅との考えではなく、お亡くなりになると、そのままなくなる存在ととらえています。故人がお亡くなりになった際には、法律に沿っての安置をした上で、そのまま火葬をする形態をとっています。しかし、葬儀は火葬のみですが、故人を偲ぶ会の一つとして、追悼式の機会を設けています。その際、故人をお祈りする際には、手を合わせてのお祈りはしません。お香での代わりに、御花料としてお渡しいたします。乾杯をする際にも、グラスを合わせたりなどの習慣はありません。

各宗教団体において、葬儀の形態が違いますし、戒名など仏式の形態にはとらわれない形で進める場合が多いです。親族を含め、信者の参列が多いのですが、信者でない方が参列する際も問題はありませんが、宗教の形態に沿った葬儀となります。