仏式の葬儀のスタイル

仏式の葬儀のスタイル 仏式の葬儀においては、各宗派ごとに焼香の回し方など少々異なる点がありますが、大まかな流れについて紹介いたします。

お通夜では、僧侶の読経から始まり、遺族・親族・一般の参列者の順番で焼香をする流れとなります。そして、お通夜が終わると、通夜振る舞いの席が設けられ、故人の想いで話などを、全員で語らう流れとなります。近年では、斎場で行われることが多く、参列者の負担を考慮し、午後6時ころからの半通夜が一般的です。

仏式の葬儀ですが、遺族をはじめとした参列者が、故人の成仏を祈る儀式です。告別式の儀式としては、ゆかりのある方が最後にお別れの挨拶をするところです。葬儀の流れとしては、僧侶による読経から始まり、弔辞・弔電を喪主が読み上げていきます。その後、遺族や親族による焼香が行われる流れとなります。告別式では、僧侶の読経から始まり、一般参列者による焼香となります。告別式を終えてから、柩に献花を全員で入れていきます。場合によっては、故人の想いでの品物を入れることもあります。その後、喪主の挨拶を行った後、出棺となります。その後は精進落としとして会食をし、概ねその日に火葬を行います。

お焼香ですが、立った姿勢で行う立礼焼香、会館が畳の部屋の場合の多くは、座った状態で行う座礼焼香をとります。自宅で行う場合の多くは、回し焼香を行います。各宗派によって回数が異なります。浄土宗・臨済宗の場合は、1回から3回ですが、特に決まりはありません。浄土真宗は1回または2回ですが、焼香を押しいただきません。真言宗は3回です。日蓮宗は1回若しくは3回です。曹洞宗では2回行いますが、1回目は押しいただきます。2回目は押しいただきません。各宗派の寺院若しくは地域によって、焼香の方法は異なりますので、予め確認をとることがおすすめです。

数珠を用意する場合ですが、法具の一つなので、バッグにしまっておくなど丁寧に取り扱って下さい。合掌をする際には、数珠を両手の親指・人差し指の間にかけた上で行います。使用しない場合には、左手の親指・人差し指の間にかけて持つようにします。焼香をする際には、身体の前に数珠をかけまして、左手を差し出してから、右手で焼香をしてください。数珠を忘れてしまった場合ですが、大きな失礼には当たりません。

仏式の葬儀では、焼香の回し方など細部に渡っての形式が異なります。地域・宗派によっても、葬儀の考え方が異なります。自分の宗派の作法だけでも知っておくと良いでしょう。

最新ニュース